はんべ工務店 滋賀・京都で家族のための木の家を建てる

はんべ工務店 滋賀・京都で家族のための木の家を建てる

トップページ  >  子育てのしやすい家  >  リビング階段

リビング階段

リビング階段は
家族のコミュニケーションツールになる

家族のふれあいや、コミュニケーションを大切にした家づくりをお考えの方におすすめなのが「リビング階段」。

滋賀にあるはんべ工務店のモデルハウス「住実香の家」もリビング階段になっていますが、家族にとってたくさんのメリットを感じます。

リビングステージ階段
施工事例
施工事例
さらに詳しく
さらに詳しく
家づくりにおいて間取りのとり方は、そこで暮らす家族の生活スタイルを決める重要なものです。
家族で楽しくふれあって暮らしたいとお考えなら、リビング階段をおすすめします。
ここでは、リビング階段のおすすめポイントを3つあげたいと思います。
玄関から帰ってきて、必ずリビングを通ってから2階に上がることで、
自然とコミュニケーションが生まれます。

「ただいま」「おかえり」の挨拶であったり、顔を合わせることで、
お子さんのその日の様子に気づくことができます。
お友達が遊びに来た時も、お話する機会がつくれるのは嬉しいですね。
【モデルハウス住実香の家:滋賀県大津市】
右奥の玄関から、リビングへ家族がみんな帰ってきます。階段はリビングの脇に設けました。
【畳コーナーのある吹き抜けリビングの家:京都市】
玄関からリビングに入り、カウンターのあるキッチンの横から二階へ上がります。
 
リビング階段にすると、階段につながる廊下を取る必要がなくなりますので、家族と過ごすためのスペースをより広くとることができます。
吹き抜けと組み合わせれば、空間に広がりも生まれます。
【季節を感じて暮らせる自然素材の家:滋賀県比良】
リビングの一角に幅広の階段を設けることで、リビングに奥行きをもたせることができます。
【モデルハウス住実香の家:滋賀県大津市】
リビングに吹き抜けと階段を一体化してつくることにより、より広々とした吹き抜けになりました。
 
リビング階段にアイデアをプラスすることで、ただの通路としてでなく、リビングとつながりをもった空間として、家族の楽しみのスペースにすることができます。
また、リビング空間に広がりをもたせる効果も期待できます。
【広々フリースペースのある家:大阪府吹田市】
リビングに幅広の階段と踊り場があることで、リビングの一部分として子供の遊びスペースやベンチ代わりに使えます。
【大きなリビング階段のある家:京都市変形地の家】
階段の踊り場に本棚を設け、小さな図書スペースをつくりました。
 
『ただの通路である階段をリビングの一部にしてしまおう!』という発想で楽しさをプラスしたリビング階段がリビングステージ階段です。リビング階段を有効活用すれば、家族のだんらんの場であるリビングがより楽しい空間になるのではないかと考えました。

階段の幅を通常の2倍にして、4~5段上がったところに広い踊り場を設けてスキップフロアのようにし、子ども達が楽しめるスペースを作ります。幅広の階段部分は、ベンチのように腰かけることもできます。

当社では、このようなリビング階段を
「リビングステージ階段」と命名しました。

リビングやキッチンで家事をしたり、リビングでくつろぎながらお子さんの様子を見守ることのできる
“子育て世代のための階段”です。

注文住宅ですので、敷地やご希望によってバリエーションのある「リビングステージ階段」をご提案させて頂きます。
ある新築工事の設計をしていたところ、変形敷地であったために苦肉の策により、偶然、この階段が生まれました。子育て世代のお施主様でしたので、お子さんにも好評で大変喜ばれました。

この階段を設けることで、リビングに広がりを感じさせることもできますし、階段裏のスペースを収納にすることもできます。

当社では、「子育てのしやすい家」を理念に掲げ、子育てがしやすくて楽しい子供と暮らす家づくりを目指しています。
リビングステージ階段
リビングステージ階段
リビングステージ階段
実際、すごく良かったですね。大人の本も良かったですが、子供の絵本がやっぱり。絵本ってなかなか片付かない、というかどんどん増えていってしまうので。階段にあったら、2階で寝る前に読む時も、1階で読む時も取りに行きやすい、ちょうど真ん中でいいですね。

子どもも階段で絵本を読んだり、選ぶ時も落ち着いてじっくり選びます。2階の書斎の窓からから見下ろせるのもいいですね。

階段が思ったより良かったので、もう少しそのスペースをひろげていても良かったかなあ、と思いますね。
T様:京都市(お施主様の声より)
リビング階段のある間取りを採用するにあたって、よくデメリットとして冷暖房の効率を心配されますが、間取りのとり方や間仕切りの工夫、家そのものの断熱性能に配慮すれば、それほど心配することはありません。

当社の場合、“家中どこにいても家族の気配が感じられる家”をコンセプトにプランニングしていますので、2階には廊下がほとんどありません。そのため、1階の空気が2階にどんどん流れていかないよう、階段を上がりきったところに引き戸等のドアを取り付けるなど、2階部分と間仕切るような工夫をしています。

それに加えて、断熱性能の高い家づくりをしていますので、冷房も暖房も全般に効率が良く、薪ストーブのある家や蓄熱暖房のある家では、特に冬場は暖かくお過ごし頂けます。