ブログ

とある日の父子の会話

子たちがまだ幼いある日の夕食時に交わされた
中村と長男・次男による会話です笑い

 

 

その夜のメインは、さんまの開き。

 

次男: 「これ、なんの魚?魚

 

中村: 「さんまやで笑顔

 

次男: 「これ、お父さんが釣ってきたん?」

 

長男: 「お父さんが釣ってくる訳ないやんにっこり

 

Nむら: 「それ、どういう意味や?困った

 

 

長男: 「船じゃないと釣れへんのやろ?」

 

Nむら: 「そうやで。お父さん、お金無いからか?悲しい

 

 

長男: 「お父さんが船で行く訳ないやん」

 

Nむら: 「いつも陸からやもんな。」

 

 

長男: 「お父さん、一回船で行ってみたら?」

 

Nむら: 「船で行く訳ないやん! もったいない怒り

 

 

以上です!