ブログ

大きなリビング階段のある木の家T様 -7:木の家の住み心地はいかがですか? その1

 

ご主人 下の子が生まれた年はさすがに何度かクーラーをつけましたが、完成して最初の1年目なんかはクーラーを一回も付けなかった気がしますね。本当に風通しがいいので。日中でも窓を開けておけば過ごせるという感じだったんで。

 

奥様 気温が高くても、湿度が高くなくてカラッとしているような日は特に要らないですね。

 

中村 冬場はいかがですか? 京都も冬場は冷えますよね。

 

ご主人 ちょっと大きめのガスファンヒーターを一つ置いておけば、それでほとんどまかなえる感じですね。

 

奥様 冬の方がやっぱり光熱費がかかってないな、って感じますね。冬場はお風呂場の脱衣室に電気の小さなヒーターを置くんですが、それでちょっと付けるだけですごく温かくて。実家の母親が「いいなあ」と言って実家に置いたら全然暖まらなくなくて・・・(笑)。「木だから温かいのもあるし、そんな小さな電気ひとつで暖かいんだね」って言って。

 

中村 そうですね。サッシももちろん断熱サッシで、断熱材のグレードも高いですから。
夏に関しても、あらわしの構造材や木の厚板がすごく湿気を吸ってくれていると思いますので、その辺りでもムッとした感じが、他の家に比べると大分マシ、というお話はよくお伺いしますね。 工務店にいただく他のお客さんからのご感想の中でも、すごく多いんです。

 

ご主人 たまにちらっと電気代を聞いても、夏場は下手したら半分位金額が違うんじゃないかと思います。

 

 

その8 「木の家の住み心地はいかがですか? その2」へ