ブログ

vol.7 子供にとって魅力のある家

 

長男が6才の時の話です。

 

 

モデルハウスを兼ねている我が家に、久しぶりになるお友達2母子が我が家に遊びに来てくれました。

 

 

幼稚園のクラスが別で家も離れていることもあって、最近は遊ぶ機会があまりありませんでしたが、
「うちの子が“○○ちゃん(長男)の家に遊びに行きたい” と言っているよ」と聞き、
今回集まることになりました。

 

 

そのお母さんの話によると、
「 “なんで(どうして)○○ちゃん(長男)の家に遊びに行きたいの?” って聞いたら、
“○○ちゃんの家には3階があるから” って言ってたんよ」ということでした。

 

 

我が家には3階はありませんので、ロフトのこと。

 

 

その話のとおり、2階に上がるや否や、「お母さん、はしごつけて!」と呼ばれ、
ロフトスペースは、あっという間に基地に早変わり。

 

 

そして、正義の味方に変身した子供達がリビング階段をそぉ~っと下りてきて、
「ばんばーん!」と1階でくつろいでいる私達を怪獣にみたてて攻撃。
そして、わー!っと基地に逃げ帰る。

 

 

我が家はリビング階段で、2階に上がるとすぐに大きな部屋が広がっているので、
1階にいても上の様子が良く分かり、安心していられます。
子供達も、2階と1階を行き来して楽しそうです。

 

 

そのまま成り行きで、子供達だけでの初めてのお泊まり会に突入!
とっても楽しい時間を過ごすことができてなによりでした。

 

 

子供達にとって何かしら魅力のある家になっているんだなーと
改めて感じることができる出来事でした。

 

 

vol.8-リビングを中心とした家づくりをしよう その1