はんべ工務店 滋賀・京都で1000万円台から建てる家族のための木の家

トップページ  >  ブログ - 杉の空間にいる赤ちゃん

ブログ - 杉の空間にいる赤ちゃん

杉の空間にいる赤ちゃん

2017年11月30日 12:30 【スタッフ日記


読んでいると気持ちが明るく前向きになれる
みやざき中央新聞

記事の中に
東京おもちゃ美術館館長/NPO法人日本グッド・トイ委員会理事長 多田千尋さんの
お話のひとつに
『杉の空間にいる赤ちゃんは泣かないで、みんな目をキラキラさせて遊んでいた』
というのがありましたのでご紹介します。

・・・杉で赤ちゃんの広場をつくると本当にいいのか。それを確かめるべく、筑波大学や
埼玉大学の先生方とチームを作りまして、効果測定をやりました。
・・・
A施設である私たちの「木育ひろば」だけが木をたくさん使っていて、BとCの施設は
カーペットでガラス張りという近代的な感じです。
木を思いっきり使っているところと、ほとんど使っていないところと、どのような差が
あったか。
一つ目は、A施設の「木育ひろば」で遊ぶ赤ちゃんは、圧倒的に泣かない
ということでした。・・・赤ちゃんたちは目をキラキラさせながらハイハイしたり、
立ち上がって遊んだりしていたんです。
・・・
二つ目は、お母さんが携帯電話を触らないということです。BとCの施設は、
子どもを一人で遊ばせておいて、お母さんが壁際で携帯電話を触っていることが
多かったのですが、Aの「木育ひろば」ではそれがほとんど見られませんでした。
「木育ひろば」では子どもたちが目を輝かせて遊んでいるために、お母さんたちの
視線は常に赤ちゃんに注がれることになるわけです。
・・・
三つ目は、「木育ひろば」ではお父さんの滞在時間が異常に長いということです。
他の施設ですと、「魔の15分」という言葉があるらしくて、15分経つとお父さんたちは
帰る理由を探し出すんです。
・・・
杉に囲まれた空間でこれらの結果が見えてきました。
この結果は、杉には人と人の関係を育む力があることを改めて感じさせてくれた
のです。
 

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

2017年12月
         
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
<<11月  

過去の記事