はんべ工務店 滋賀・京都で1000万円台から建てる家族のための木の家

トップページ  >  ブログ - すみか通信 2017夏号【アドラー心理学 勇気づけのコミュニケーション:自分を勇気づける その2】

ブログ - すみか通信 2017夏号【アドラー心理学 勇気づけのコミュニケーション:自分を勇気づける その2】

すみか通信 2017夏号【アドラー心理学 勇気づけのコミュニケーション:自分を勇気づける その2】

2017年10月17日 12:30 【すみか通信


私は、あんまり自己嫌悪に陥らなかった子なんだけども、それでも、
自分を好きになるということをかなり努力したんですよ。毎日朝起きて、鏡を見て、
「ああ、僕ってなんてステキなんだろう」と思う。
そう思っておく方がいいんです、だって誰にも害ないから。(中略)
とても自分は有能だし、みんなの役に立てるし、と朝思って起きる。
それぐらいのことでも一日違うんです。

その逆を思ってごらんなさい。
私は何の能力もないし、いままでの人生も暗かったし、これからも暗いだろうし、
きょうも一日イヤなことがあるんだろうなとつぶやいてから、三つくらいため息を
つきますと、一日中ダメですね。
自己勇気くじきをやってみると、どれくらい自分に大きな影響があるか
すぐわかります。

勇気づけも同じなんです。(中略)

それから、自分自身の能力や、あるいは勝ち負けにこだわらないこと。
自分の行為の結果が悪かったからといってそれを責めないこと。
自分の足りない部分、達成できていない部分にばかり注目しないこと。
自分と他者を不必要に比較しないこと。
自分の主観的な判断を絶対だと思わないこと。
自分に向かって否定的な表現を使わないこと。
自分を無理やりに叱咤激励し、馬車馬のように鞭打たないこと。

そのような多くのことを、絶えず自分自身に向かってトレーニングし、
新しい生き方を始めて行っていただきたいと思います。
 
 

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

2017年12月
         
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
<<11月  

過去の記事